NEWS

「涼」をどうぞ♪

気温が上がる日となりそうですね。

ちょっと怖そうなこんな柄で

「涼」を感じてください。

『相馬の古内裏』歌川国芳

梨園染さんのデザインです。


かわいいだけじゃない!

手ぬぐい『相馬の古内裏』

幕末に活躍した浮世絵師、歌川国芳。

そのユニークな画風から、

「奇想の絵師」などと呼ばれています。


手ぬぐい『相馬の古内裏』は

国芳の浮世絵を画写、

注染とは思えないぐらい

細かい部分まで見事に再現。


山東京伝の「善知烏安方忠義伝」

瀧夜叉姫と大宅太郎光國の対決の場面。

瀧夜叉姫は平将門の遺児とされる伝説上の人物。

蝦蟇(がま)の精霊から妖術を授かり、

相馬の古内裏に妖たちを集結させて、

大宅太郎光國と対決!



トップへ戻る