NEWS

マーマーレード!

甘くて美味しいてぬぐい?

注染のにじみとボカシが味わえます。

『たたんでも、広げても、おいしいjam』

ジャムをイメージしたてぬぐいです。

「ジャム瓶」のカタチで販売しています。


『にじゆら』さんの手ぬぐいです。


天空の城!

「おかてぬ」シリーズのてぬぐいです。

岡山県高梁市にある備中松山城。

天空の城とも呼ばれています。


雲海に浮かぶ天空の城。

ちょっとトライバルっぽいデザインも

カッコいいです。


「おかてぬ」は

岡山をモチーフにした、

岡山県立大学の

デザイン学部学生のデザインの

手ぬぐいです。


モチーフとなった高梁市の備中松山城は、

実は、笠岡市の古城山と縁があります。


幻の城『笠岡城』(Wikipedia他より)

笠岡城(かさおかじょう)とは、

現在の岡山県笠岡市に存在した日本の城(山城)である。

・弘治年間(1555年 - 1558年)に、

 村上隆重が瀬戸内における能島村上家(宗家)の要害として築いた。

 その後、村上景広、毛利元康が城主となり、

 関ヶ原の戦い以後は徳川家康の所領となって

 小堀正次が代官として置かれた。

・元和2年(1616年)には池田長幸が城主となったが、

・元和5年(1619年)備中松山藩への転封に伴い廃城となった。


城山の周囲は海で囲まれていたため、

1907年(明治40年)には

城山山頂部を切り崩し埋め立てに使用した。

(現在の住吉地区のあたりですね。) 

笠岡城の遺構はほぼ消滅。


その後、1956年(昭和31年)に

笠岡古城山公園として整備され、

市民や観光客に親しまれている。

公園内には230本の桜があり、

毎年花見の季節には多くの花見客で賑わう。


遺構は、9割消滅だそうですが、数年前の台風で

一部の遺構が発見されたとかそうでないとか・・・

危険なので工事を行い覆ってしまったとか・・・


歴史ミステリーの要素もあります。

幻の城『笠岡城』でした。

「からふるこふん」

岡山県モチーフの「おかてぬ」シリーズ

(豆情報あります↓)


実は岡山県、大きな規模の前方後円墳があります。

大きさ全国4位と10位で(微妙な順位ですが・・・)

どちらも名前は「つくりやまこふん」。

「前方後円墳」

学生の頃、丸い方が後ろなのが不思議でした。


漢字で書くと、

4位が「造山古墳」と

10位が「作山古墳」と紛らわしい(笑)

名前に古代の歴史ミステリが潜んでいるのかも。 

吉備津神社や備中国分寺等も近くにあり、

やはり歴史ミステリ感強し(笑)


それぞれ近距離にあるので、

散策、探訪、ウオーキング・サイクリングまた、

遠方からのドライブにも。


「古墳」といえば地味っぽい雰囲気ですが

カラフルな手ぬぐいとなっております。


「おかてぬ」は岡山をモチーフにした、

岡山県立大学のデザイン学部学生のデザインの

手ぬぐいです。

「朧桜に月灯」

月あかりに雪洞。

朧に見える桜、さくら。

一足早く「桜」の手ぬぐいでお花見。

濱文様さんの絵手ぬぐい

夜桜、桜の開花が待ち遠しいですね。

「HARU-no-SHIRASE」

花束のように咲き誇る樹。

花の精霊も登場!蝶の妖精?

春の訪れを祝いましょ。

『にじゆら』さんの手ぬぐいです。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る